美と健康 beauty & healthy

美と健康に役立つ情報を女性目線でご提供します

【認知症予防】恋人、夫婦で手をつなぐと脳神経細胞が成長する⁉️

改訂あり】この記事は、2020.07.18のこちらの改訂版ブログをご覧ください

今日見たテレビ番組「家庭の医学身体の不調を改善・解消する17問答えまとめ 2020年1月21日」でおもしろいクイズをやっていました。

認知症予防に効くのはどれ?

 認知症予防に効くとされる、NGFを一番合成するのは、仲の良い夫婦がとる次の3つの行動の中で、どれでしょう? 

  1. 毎朝出かける前に、チューをする
  2. 毎朝出かける前に、お互いに「愛してるよ」と言い合う
  3. 一緒に出かけるときは、手をつなぐ 

【答え】3 手をつなぐ

◆脳は何で出来ている? 

 脳は、主として神経細胞グリア細胞から構成されています。神経細胞は神経情報伝達を担う細胞であり、グリア細胞は、神経細胞の生存、再生、分化に関与する神経栄養因子を産生、分泌して、神経細胞を助ける働きをする細胞です。

 

◆NGFとは?

 数多くある神経栄養因子の中でも、NGF(Nerve growth factor)は「神経成長因子」を意味します。

ただ、NGFは、高分子のタンパク質であり、消化管内でタンパク質分解酵素により分解されるため、経口で摂取しても脳に到達しません。
そこで、脳内のグリア細胞のNGF合成を促進させる作用を持つ成分が注目されています。 今日のTV番組でもNGFが話題で、恋人や夫婦同士で手をつなぐと、NGFが分泌される、というコトだったのですね。

番組では、一週間手をつないで散歩した夫婦の唾液を調べたら、NGFが一番増えていた。 結論は、体の末端である、手の指先が刺激されることで、NGFが分泌されるという結果だったのです。 「愛してる」はほとんどNGFの増加なし。 「チュー」は少し増加、、、でした。

まとめ

 ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

 恋人か、夫婦同士で、手をつなぎましょうね。

手をつなぐと、指先が刺激され、脳を構成するグリア細胞のNGF合成が促進されるのです。 NGFとは、その意味のとおり、神経成長因子(Nerve growth factor)なのです。

◆ ここで、ヌートロピルのご紹介です。

ヌートロピルは向知性薬として知られ、記憶力や学習力、想像力などを向上させるとされます。

有効成分ピラセタムは、毒性も習慣性もなく脳機能を向上させ、 中枢神経系を刺激する”頭をよくする薬”として知られているスマートドラッグです。

 

◆ スマートドラックとは

スマート(賢い・余分がない)ドラッグ(お薬)という意味です。 1967年にベルギーのUCB研究所でアルツハイマーの治療薬として開発されましたが、それ以上に、記憶力の増強や意欲の増進に役立つという作用が注目され、スマートドラッグとして、欧米で爆発的なヒットを記録しました。

ヌートロピルは、スマートドラッグの元祖とも言われる代表的な薬です。

ヌートロピルの成分であるピラセタムは、脳の機能を向上させる神経伝達物質の一つである”アセチルコリン”の濃度を高めて、注意力や記憶力を向上させ、自然と物事に集中している状態にするのが特徴です。

他のスマートドラッグと比べると薬価が安い上に高い効果が期待できるという特徴を持っています。 ピラセタム単体800mg(1錠)程度で効果が体感できますし、少量(錠剤を割る)をDMAE、セントロフェノキシン、コリン、ヒデルギンなど他のスマートドラッグと併用することで相乗効果を期待することもできます。 また同時にビタミンB5を摂取するのも効果的です。

f:id:SakiHana:20191223163729p:plain

記憶力・集中力強化 認知症治療ヌートロピル Nootropil 800mg 30錠

Health & Beauty

https://pinkhills.shop/