美と健康 beauty & healthy

美と健康に役立つ情報を女性目線でご提供します

【雑誌LDKとは?】女性目線で辛口の商品評価

改訂あり】この記事は、2021.01.20のこちらの改訂版ブログをご覧ください

2020/1/24のテレビ朝番組「サタプラ」を見て、女性向け雑誌「LDK」の話題に引きつけられました。一言で言うと「女性が買う食品・美容品などを実際に使って・食べて辛口で評価する雑誌」です。 

雑誌「LDK」はここがすごい!

 出典のTV番組の超要約です。雑誌業界全体が発行部数を激減させている中、LDKが発行を伸ばしている理由が次の5点です。 ちなみに、LDKの意味は、L リビング D ダイニング K キッチンです。

  1.  広告なし いっさい広告を掲載しないので、公正な記事が書ける
  2.  LDK(晋遊舎)社員自身が食品・家電・美容品・お店などをテスト、評価し記事に書いている
  3.  女性の立場の気づきに基づいた評価である
  4.  消費者が買う前に心配があっても確かめられないことを代行してくれる
  5.  商品を評価するハイテク科学ラボ(実験室)を持っている

【出典】

  • 2020/1/24のテレビ朝番組「サタプラ」

ネットでの評判

 サタプラではいい評判でしたが、「LDK 評判」で検索した結果は、賛否両論でした。

  1.  *1 コスメを主にしたLDK tha Beautyも発売されています。プチプラ上げとデパコス下げが激しい。ランキングの変動がすごい。比較対象や基準がよくわからない。 例えば、スキンケア商品は「保湿力 つけた時と数時間経過後」「使用感 べたつきなど」「成分」で評価しているが、肌はすぐに変わるわけではないので、長い目でみた効果なんかも検証してもらえるとありがたい。化粧品は合う合わないがあるので使ってみないとわからない  など
  2.  *2 2020.12~2021.01の投稿意見で、いい評判がほとんど。 例えば、家事に関する消耗品・雑貨・家電などを自ら試験し発表する姿勢、スポンサーを取らない主義が好感。 良い評価・悪い評価両方あり、信頼性があり買い物する前にいつも見ている。 洗剤を買うのに役立った。 美容室で初めて読んで面白かったので定期購読している など
  3.  *3 2018.12.06 の問いかけへの反応: どの商品も一長一短という書き方。 ためになるが、ある時の洗剤のNo.1が使い勝手最悪で大外れがあった。 例えば洗剤なら「洗浄力「消臭力」「汚れ移りブロック力」「溶けやすさ」などそれぞれの項目でテストしているので、何を重要視するかで買うときにすごく参考になります。 など
  4.  *4 「LDKでA評価のものでも正直いまいちなものは多い。でもC評価以下のものは確かに実際に使ってもいまいち。」 など
  5.  *5 独自に比較をしていると言うことは立派だと思いますが、以前と同じ商品の評価が1年で激変していたり、デパコスに極端に厳しい評価だったりと比較者側の願望が透けて見えます。信憑性は低いと感じ購読を止めました

【出典】

 

LDKってどんな雑誌⁉️

 一言で言うと「女性が買う食品・美容品などを実際に使って・食べて辛口で評価する雑誌」です。

【スーパーの食品評価の例】冷凍食品や半調理野菜などを、「業務スーパー」「LIFE」などで実際に購入し、それを女性料理研究家に食べて・見てもらって正直な評価を記事にする 

  • 辛口の例: 「ちょっと酸味がある」「筍が入っているって書いてあるが、ちっちゃい」 
  • 高評価: 「これは美味しい」と評価された場合、BestBuy商品として掲載する

消費者の立場の例として「一度に食べきれない量が入っているので、もし買って失敗だったらもったいない」という心配を、助けてくれるのですね。 

びっくりしたのは、ポップコーンやフルーツ・グラノラの袋を空けて、2人で粒がいくつ入っているかを、人手でしかも3袋も3-40分かけて調査している姿でした。

よくやる! でも消費者目線!

包丁の評価では、新品の包丁を調べるのでは無く、まな板に包丁を3000回こすって、その後の切れ味を確認するといった手の入れ方は、さすが!

LDK」はどこで儲けてる?

広告収入がないのに、雑誌の販売だけで儲かるの? 実験室や、評価するための商品を購入する費用は出るの、という疑問が湧きますよね? 実は、、 

  • ムック本: 今まで掲載した記事をテーマ別に総集編として販売する
  • 電子書籍: dマガジンで常に上位と評判
  • 高く評価した商品「Bestbuy」ロゴを販売 (対象メーカーは販売促進できる)

クレームはないの?

番組では、「これだけ辛口の批評をしたら悪く評価されたメーカーからのクレームがいっぱいじゃない?」と編集長に聞くと、「非常にまれ」というお答え、

実際に、高評価・低評価両方をされたIRISオーヤマに聞いてみると、とても参考にしている、とのことでした

  • BestBuyと高評価されたフトン乾燥機は売上が300万台を突破
  • 厳しい評価をされたトースターは、全社にフィードバックし改善の材料にしている

雑誌LDKはどうやって有名になったの?

創刊時に無料でランダムに「美容院」に配った。 美容院はこんな特長があって、、、なるほどと思いました

  • 女性が行く
  • 待ち時間があるので、雑誌を読む
  • 結果面白くて、読み切れず購入する

番外:LDKオススメの「Bestbuy食品」トップ3

せっかくなので、番組で紹介された雑誌「LDK」ベストバイ食品のご紹介です、、、

  1. コストコ Elizondo 黒トリュフオリーブオイル 
  2. 山本かじの伝統の二八そば
  3. 小田原屋 食べるオリーブオイル

まとめ

 ここまで読んでいただいてありがとうございます。

 スマホ時代になり、雑誌はほとんど誰も読まなくなったこの時代。でもLDKのように、消費者・女性目線で、ちゃんと正しく評価を代わりにやってくれる「情報」は、お金を出して購入するのですね。 応援したいと思いました。

 そういえば2016年10月に終わったNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」がモデルとなった「暮らしの手帖」が広告を載せず独自の取材で市場を評価するのに似ているなと思いだしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.penlirim.com/

https://pinkhills.shop/