美と健康 beauty & healthy

美と健康に役立つ情報を女性目線でご提供します

【 エラスチンとは? 】あなたのお肌のハリ・弾力を支えます

f:id:SakiHana:20201008121639j:plain

 

お肌のハリ・弾力を支えるのがエラスチン

コラーゲンと「同じくらい」大事な成分

  • お肌のコンディションを整える成分といえば、多くの人は、はじめに「コラーゲン」を頭に思い浮かべることでしょう

  • コラーゲンは、肌や軟骨などをつくる繊維状のタンパク質としてよく知られている成分です

  • コラーゲンのプルプルした弾力性が、お肌にハリをもたらします

  • ところがその弾力性は、コラーゲンの他に「エラスチン」と呼ばれる繊維成分によって支えられているのです

肌のハリ・弾力には「エラスチン」

  • エラスチンとは、主にコラーゲン同士を結びつける働きを持つ繊維状のたんぱく質で、弾性繊維とも呼ばれています
  • ゴムのように伸び縮みする性質を持ち、皮膚の真皮や血管、靭帯などに存在します
  • 肌にハリや弾力を与えたり、血管や靭帯の柔軟性・伸縮性を維持しています
  • しわやたるみ、動脈硬化の予防に働きかけるといわれています
  • 人間の体内の組織におけるエラスチン含有量は、靱帯で約78~80%、動脈で約50%、肺で約20%、皮膚の真皮で約5%を占めています

 

「エラスチン」は20代をピークに減っていきます

  • 体内のエラスチンの量は25歳頃をピークに年齢とともにゆるやかに減少し、40歳代を過ぎると急激に減少スピードが速まります
  • 紫外線やストレス、喫煙などが原因で発生する活性酸素によっても減少するといわれています

 

【出典】

 

エラスチンの効果

  人間の皮膚は大きく分けて、表面から順に表皮・真皮・皮下組織の3層から構成されています。エラスチンが多く存在する真皮は、クッションのように肌のハリや弾力を保っています。

ハリや弾力を保つ

  • 真皮全体の約70%を占めるコラーゲンが網の目のように張り巡らされており、その網の目部分を結び付けるように支えているのがエラスチンです
  • エラスチンは真皮全体の約5%程しか含まれていませんが、コラーゲン同士を結び付け、肌を内側から支える重要な働きをしています
  • 肌のハリや弾力がなくなると、しわやたるみが症状として表れます
  • しわやたるみを防ぐには、繊維構造のバランスを崩す原因となる活性酸素の発生を防ぐだけでなく、真皮の主な構成成分であるエラスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸を不足させないよう、しっかりと補うことが大切であるといわれています

動脈硬化を防ぐ

  • エラスチンは心臓や全身の血管に存在し、弾力を与える役割をしています
  • 心臓には弾性型動脈と筋型動脈があり、心臓に近い部分に存在する弾性型動脈に特に多くのエラスチンが含まれています
  • 心臓から送り出される血液は、動脈を通って全身を巡り、静脈を通って再び心臓に戻ります。動脈と静脈の血管壁は、内側から内膜、中膜、外膜という3層で構成されています。エラスチンは特に血管壁の内膜や中膜に多く含まれており、非常に強い弾力を発揮しています
  • 活性酸素や加齢によってエラスチンが減少してしまうと、血管の柔軟性が失われるため、動脈硬化心筋梗塞、脳血栓などの疾病にかかりやすくなると考えられています
  • そのためエラスチンには、動脈硬化などの疾病の予防につながる働きがあるといわれています

靭帯の伸縮を維持する

  • 靭帯は体のあらゆるところに存在し、多くのエラスチン繊維とコラーゲン繊維が集まって構成されています
  • エラスチンやコラーゲンが弾力性に富んでいるため、靭帯も伸縮性を保っているのです
  • エラスチンが不足すると、靭帯が伸縮しにくくなりしなやかな動きが失われるため、靭帯の一部もしくは全てが切れてしまう靱帯断裂などの怪我をしやすくなるといわれています

 

 

エラスチンを体に取り込む方法

 エラスチンは一度壊れると、再生するのに時間のかかる成分です。再生をサポートするには、普段の生活習慣がとても大事になります。

 エラスチンは食事やサプリメントで摂取できますが、食べた栄養素がそのままエラスチンに換わるわけではありません

 消化分解されて、エラスチンをつくるための原料の一部になります。それは原料のごく一部かもしれません。でも、摂取しなければエラスチンは増えてくれません。

 

エラスチンを「増やす」には?

  • 紫外線を浴びすぎない
  • 禁煙する
  • ストレスをため込まない
  • バランスのよい食事を適量摂取する

エラスチンを含む食品

  • モツ
  • 牛すじ肉
  • 手羽
  • 軟骨
  • 煮魚
  • カツオ

サプリメント

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【業界最高峰エラスチン75,000μg配合】『エラスチン 30カプセル』
価格:810円(税込、送料無料) (2020/10/8時点)


 


 

 

まとめ

 ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

 お肌のハリ・弾力には、コラーゲンとともに、エラスチンが大切、というご紹介をしました。 

 近畿大学農学部では、エラスチンの研究で有名です。 でも、他のサイトと比較すると、相反する情報があり、ちょっと悩んでしまいました。

近畿大学情報

  • エラスチンは出生前から赤ちゃんの時期までに生成され、あとは年齢とともに壊れていくだけで、基本的には再生しないと言われています

他のサイト情報

  • 赤ちゃんの肌にはエラスチンが少ない
  • 体内のエラスチン量は年齢とともに減少しますが、生まれた時に最も多く存在している訳ではありません
  • エラスチンはヒアルロン酸とは違い、0歳の赤ちゃんの時にはそれほど多くありません。組織をしっかりと支える役割を持つエラスチンの量が少なく、赤ちゃんの肌は非常に柔らかいと考えられています。その後、成長とともにエラスチンの量は増えていき、20歳代後半頃にピークを迎えます。そのため20歳代後半の肌は最もハリと弾力があるといわれています。

エラスチンの重要性・効果

 でも、エラスチンは、以下の重要な役割を担っています。 食事やサプリでぜひ、お肌のハリを増やしてくださいね。

  • ハリや弾力を保つ
  • 動脈硬化を防ぐ
  • 靱帯の伸縮を維持

 

【出典】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://pinkhills.shop/