美と健康 beauty & healthy

美と健康に役立つ情報を女性目線でご提供します

【あるある】人間の身体の不思議9つ解説

 

f:id:SakiHana:20210308212902j:plain

 


人気ブログランキング

身体の不思議?

   今日のブログは、あなたが「あるある!」って、うなずく人間の身体の疑問に答えます。

1  あくびがうつるのはどうして?

2 緊張するとトイレが近くなるのはどうして?

 3 甘い物は別腹って本当にあるの?

 4 寒さや恐怖、感動で鳥肌が立つのはどうして?

 5 心臓がんって聞いたことないけどなぜ?

 6 しゃっくりってどうして出るの?止め方は?

 7 薬指が机から離れない? 

 8 指一本で立てなくなる?

 

【出典】

 

1  あくびがうつるのはどうして?

   

あくびとは?

  • これまであくびは脳の酸素不足といわれていましたが、最近では脳を冷やすためにあくびをしているという説があります
  • 例えば、眠いけれど頑張って起きようとしている時、脳は活動的になり温度が上昇します
  • ところが、温度上昇は脳機能の低下につながってしまうので、外の空気を取り込んで脳を冷やしていると考えられているそうです

あくびがうつる理由

  • あくびがうつるのは相手の行動や感情が無意識にうつる「情動伝染」という現象です
  • 情動伝染は、他人の感情の理解や共感する能力に関係しており、理解したいと思う人、興味のある人に特に出やすいといわれています
  • 出典の番組では、夫婦と、第三者が同じ部屋にいて、第三者があくびをするケースと、夫婦のどちらかがあくびをするケースを比較すると、必ず夫婦のどちらかがあくびをしたら「うつる」結果になりました。 (笑)
  • そのため親しい人の方が、あくびがうつりやすいのだとか
  • 最新の研究では、飼い主から犬にもあくびがうつる事が判明しているそうで、番組でも、犬にあくびがうつる動画が示されました

あくびが病気のサインになる事も

  • 眠くないのに出る「生あくび」は、片頭痛低血糖熱中症脳卒中などさまざまな病気のサインになる事があるそうです
  • 特に、頭痛やめまいを併発している場合は、重大な病気の可能性があるのですぐに医療機関を受診してください

 

【出典】

2 緊張するとトイレが近くなるのはどうして?

   

尿意とは?

  • 膀胱には尿意センサーがあり、膀胱の半分ほど尿が溜まると最初の尿意を感じるそうです

緊張するとトイレが近くなる理由

  • 緊張状態になって交感神経が働き過ぎると、尿道が締まり膀胱の尿意センサーが刺激を受けやすくなります
  • そのため、トイレが近くなってしまうそうです

普段からトイレが近い「頻尿」の目安は?

  • 昼の排尿が8回・夜の排尿が2回以上の場合は、頻尿の可能性があるそうです

頻尿改善に!ドクターおすすめ骨盤底筋トレーニン

  • 膀胱や尿道を支えている「骨盤底筋」という筋肉が緩むと、頻尿や尿漏れの原因につながってしまうそうです
  • 気になる方は下記のトレーニング法をお試しください
    (1) 肛門を3秒締め 2秒間緩める
    (2) 1セット10回として1日2セット行う

【出典】

 

3 甘い物は別腹って本当にあるの?

    出典の番組では、若い男性に「ざるそば」を「もう食べられない」状態まで腹いっぱい食べてもらい、その後大好きなケーキが食べられるか? という実験が示されていました。

  レントゲン写真で、この男性の胃を動画で示し、ケーキを食べ始めたとたん、ざるそばでいっぱいになっている胃が、十二指腸にざるそばを押し出し始めたのです。

甘いものは別腹?

  • 通常、満腹状態になると胃の動きは停滞します
  • ところが、甘い物が大好きな番組スタッフで検証したところ、ケーキを見たわずか数秒後に胃が少しずつ活動を開始
  • ケーキを少し食べると大きく蠕動運動をして胃の中の食べ物が十二指腸の方へ流れはじめました
  • これは視覚・嗅覚・味覚で自分の好物を認識した事で、脳が「もっと食べたい!」と反応して消化活動を促進させる指令を送ったため、というのがお医者さんの指摘でした
  • この結果から、別腹は本当に存在するようです

注意

  • 食べ過ぎは胃腸に負担がかかり胃もたれや胸焼けの原因になるのでご注意ください

 

【出典】

 

4 寒さや恐怖、感動で鳥肌が立つのはどうして?

   

鳥肌はどうやって立つ?

  • 寒さで外部の刺激を受けたり、恐怖や感動で感情が高ぶったりすると脳からアドレナリンが分泌されます
  • すると、立毛筋(毛の根っこにある筋肉)が収縮して鳥肌が立った状態になります
  • また、動物は寒い時に毛を逆立たせ毛の間に空気を含ませる事で断熱効果を得ていますが、寒い時に鳥肌が立つのもこれと同じで、動物の名残だそうです
  • 今の所鳥肌が人間に有効に働くとは考えにくいそうです

【出典】

5 心臓がんって聞いたことないけどなぜ?

   がんは、さまざまな部位や組織にできる事で知られていますが、心臓にがんができる確率はかなり稀だそうです。

心臓ががんになりにくい理由は温度!?

  • 心臓ががんになりにくい理由には諸説あるそうですが、そのうちの1つが心臓の温度
  • がん細胞は温度が低い時に増える性質があり、他の臓器と比べて温度が高い心臓はがん細胞が増えにくいと考えられています
  • 先生によると温度はとても大切で、平熱が低い人はがんになりやすいそうです
  • そのため、日頃から運動や入浴などで代謝を上げて平熱を高くする事がさまざまながんの予防につながるそうです

【出典】

6 しゃっくりってどうして出るの?止め方は?

しゃっくりの引き金 

  • 喉から食道にかけて存在している「しゃっくりスイッチ」が引き金となるそうです
  • 物を飲み込む際、喉に詰まりそうになると危険を察知してスイッチが入ります
  • すると、脳の「しゃっくり中枢」が働きしゃっくりを誘発させるそうです
  • そのため、これら2つの働きを抑える事が、しゃっくりを止める事につながるそうです。

しゃっくりの止め方

  • 耳の穴に指を入れる: 耳の奥にある迷走神経を刺激する事で、しゃっくり中枢の働きがおさまるとのこと
  • 水を飲む: 耳の奥にある迷走神経を刺激する事で、しゃっくり中枢の働きがおさまるとのこと
  • ビニール袋再呼吸法: ビニール袋を使って30秒ほど呼吸をします。この呼吸を続けると、動脈の二酸化炭素濃度が上がって脳が「窒息する」と勘違いします。すると、脳は呼吸に専念するよう指令するため、しゃっくり中枢の働きがおさまるのだとか
  • 息を止める: 少し確率は下がりますが、ビニール袋がない場合は、息を止めるたけでもOKだそうです

注意

  • 高齢者は十分に注意して行ってください
  • 1分以内で無理のない範囲で行い、1分以上は行わないでください

 

【出典】

7 薬指が机から離れない? 

    子供の時、よく遊んだのを覚えています。

f:id:SakiHana:20210308205411j:plain

 

薬指が机から離れない?

  • 片手の、中指を第二関節で折って、写真のように机の上に手を置きます
  • 中指以外の指は開いた状態で、指の先を机につけます
  • 薬指だけは、どんなにトレーニングしても、上がらないのです
  • 理由は、薬指と中指が同じ神経を使っているからだそうです

よく遊んだお笑い: 小学校低学年に使える!

  • 友達に、写真のように手を机に付けてもらいます
  • あなた「親指を上げてください」 「ちゃんと上がりますか? Yesなら胃腸の調子がいいのですよ!」
  • あなた「では小指を上げてください」 「ちゃんと上がりますか? Yesなら、足腰の調子がいいのですよ」
  • あなた「では、人差し指を上げてください」「ちゃんと上がりますか? Yesなら、腕・肩の調子がいいのですよ」
  • あなた「では、薬指を上げて下さい」 「上がりませんねぇ! それは、あなたの頭の調子なんです!?」

【出典】

8 指一本で立てなくなる?

   どんな体格のいい大人でも、指一本で立てません 

f:id:SakiHana:20210308212504j:plain

 

方法

  • 椅子に姿勢よく座ってもらう
  • 座った人の額に、1本指を立てる
  • 椅子から立ち上がれない

 でも、このYoutube動画では、左の彼は立ち上がれなかったのに、右の彼は立ち上がれた!

理由

  • 自分の重心が移動できないため

【出典】

 

まとめ

 ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

 このブログは、誰もが知っている私たちの身体の不思議を解説してくれた番組・Youtubeから情報をいただきました。 あなたが、恋人やご夫婦で、会話が途絶えたら、使ってみてくださいね。

皆が知っている身体の不思議

1  あくびがうつるのはどうして?
2 緊張するとトイレが近くなるのはどうして?
 3 甘い物は別腹って本当にあるの?
 4 寒さや恐怖、感動で鳥肌が立つのはどうして?
 5 心臓がんって聞いたことないけどなぜ?
 6 しゃっくりってどうして出るの?止め方は?
 7 薬指が机から離れない? 
 8 指一本で立てなくなる? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.penlirim.com/