美と健康 beauty & healthy

美と健康に役立つ情報を女性目線でご提供します

【がんの費用】部位別医療費と、かかる総費用への備え

f:id:SakiHana:20211012153551j:plain

主な死因別死亡数 2020年



がんにかかる費用

 日本人の死因は1981年から、ずーっと悪性腫瘍(がん)が続いています。

 日本人が一生のうちにがんと診断される確率は、男性が65%で、女性が50%。男女ともに、2人に1人はがんになるわけです。

 ただ、部位による違いはありますが、現在では5年生存率は6割を超え、「がんにかかったら死ぬ」という意識は低下しています。

 そこであなたも気になる、がんにかかる費用を、出典資料から、ご紹介します。

厚生省の医療給付実態調査 2019年度より

  • がんの種類によるが、3割負担の人なら、計算上は30万円程度あれば足りる

 

f:id:SakiHana:20211012153700j:plain

がんの医療費と自己負担額

 

 ただ、治療にかかるお金は、病院に払う医療にとどまりません。 

下の表のように、(A)(B)(C)の合計になります。 出典*1では、病院以外に払うお金(C)は平均で、年間55万円かかったという患者アンケートもあるそうです。

  • (A) 病院に支払う医療費
  • (B) 病院に支払うその他のお金
  • (C) 病院以外に支払うお金

f:id:SakiHana:20211012153734j:plain

がんにかかる、3つのお金

【出典】

 


人気ブログランキング

患者はこの負担をどう工面している?

   国立がん研究センターが実施した2018年度の患者体験調査(*1)によると、がんの金銭的負担のために、このようなご苦労があるそうです。

がんの治療費の工面 (複数回答)

  • 27%: 日常生活での節約や、貯金の取り崩し、家族の就労増、借金 (以下内訳)
  • 20%: 貯金を切り崩した
  •   8%: 日常生活における食費、医療費を削った
  • 3.6%: 親戚や他人から金銭的援助を受けた

 

 治療費は、預貯金で備えるのが基本になりますが、治療が長引くと、出費だけでなく、仕事に影響が出て、収入が減る懸念もあります。 そのためには、あなたが利用できる制度を知ることが大切です。

 

【出典】

  • *1 日経新聞朝刊 2021.10.09 マネーのまなび「がんの費用、傾向を知る」

がんにかかるお金をどう準備する?

   

がん保険

定期健康診断で、がんを早期発見

  • 定期的に検診を受けるなど、ひごろから健康管理をこころがけること
  • 仮にがんになっても、早期に見つかり、入院することなく治療できる可能性が高まり、負担金額は圧倒的に少なくなります
  • また適切な治療を受けることで、再発リスクも低下する可能性があります
  • 結果として、家計にかかる負担は小さくなります

【出典】

  • *1 日経新聞朝刊 2021.10.09 マネーのまなび「がんの費用、傾向を知る」

がんの治療費増加への、社会保障制度

   

健康保険 疾病手当金

  • 会社員対象
  • 働けなくなった日の4日目から、給与の2/3を最長1年6か月支給される
  • 2022年1月からは、支給期間を通算して1年6か月支給される
  • がんの治療が長引いたり、再発して再び休んだりするときなどに利用しやすくなります

障害年金

  • 若くても受け取ることができます
  • 条件を満たせば、がんでも対象となっています
  • 疾病手当金のあとでも、病気が治っていなければ、障害年金をお考え下さい
  • 働きながら、受け取ることもできます

雇用保険の基本手当

  • もし、がんのために退職された場合に申請できる

 

【出典】

  • *1 日経新聞朝刊 2021.10.09 マネーのまなび「がんの費用、傾向を知る」

まとめ

 ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

 幸い、私も両親も、毎年健康診断に行って、がんが見つかったことはありません。

 でも、出典の新聞(*1)を読んで、その金額の大きさと、がんになる確率 = 日本人の半分以上、におどろいて、ブログに記録をとどめようと思いました。 

がんのリスクと、かかる費用

  • 日本人が一生のうちにがんと診断される確率は、男性が65%で、女性が50%
  • 部位による違いはあるが、現在ではがんにかかっても、5年生存率は6割以上
  • がんの治療費は、3割負担で、30万円
  • ただし、治療費以外の費用が、55万円かかるという情報もあり

がんの費用負担を軽減する対策

  • がん保険
  • 定期健康診断で、がんを早期発見
  • 高額療養費制度
  • 健康保険 疾病手当金
  • 障害年金
  • (もしがんで退職したとき) 雇用保険の基本手当

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔たるみ予防