美と健康 beauty & healthy

美と健康に役立つ情報を女性目線でご提供します

【頭痛】脳腫瘍・くも膜下出血・髄膜炎の見極め方

 

 

f:id:SakiHana:20210314075144j:plain

 




人気ブログランキング

危険な頭痛の見極め方

 日本人の4割が悩まされていると言われる「頭痛」。

 病院に行かずに済ませてしまいがちですが、なかには命にかかわる病気のサインとして頭痛が現れる場合もあるそうです。

頭痛を伴う怖い病気

  • 脳腫瘍: 朝に痛い・日を追うにつれて痛みが増す
  • くも膜下出血の警告頭痛: 片頭痛に似た軽い頭痛で、吐き気を伴うなど
  • くも膜下出血の雷鳴頭痛: バットで殴られたような激しい痛み
  • 髄膜炎: 高熱を伴う、首が固くなり回しにくい

 

これらの症状がある場合は、「脳ドック」でMRI/MRAがオススメです。

 

脳ドックとは

  • 頭部MRI: 脳細胞組織を調べる
  • 頭部MRA: 脳の血管を視覚化する

 

【出典】

 

頭痛の種類

   

脳や身体に問題がないのに起こる頭痛 : 一次性頭痛

  • 片頭痛 頭の片側がズキンズキンと痛むのが特徴です
  • 緊張型頭痛筋肉のコリやストレスが原因。頭全体を締め付けられるような痛みが特徴です

頭に病気があって起こる頭痛 : 二次性頭痛

  • 頭に病気があって起こる頭痛。命に関わる危険があります
  • 頭の病気とは、脳腫瘍・くも膜下出血の警告頭痛や雷鳴頭痛・髄膜炎などです 

鎮痛剤の飲み過ぎによって起こる頭痛

  • 鎮痛剤を飲みすぎる事によって起こる頭痛がある事が最近わかったそうです
  • 月10~15回程度鎮痛剤を使用している方は治りにくい頭痛が発生する恐れがあります
  • その前に医師に相談してください。

【出典】

 

1 脳腫瘍

 脳腫瘍とは、頭蓋骨の中にできる腫瘍のことです。

 脳は頭蓋骨に囲まれたスペースにあるため、腫瘍などの余計なものがあると頭蓋内の圧力が上がり頭痛が起こるといわれています。

 発生した脳の部位によっては手足の麻痺や言語障害などが起こる場合もあるとの事です。

脳腫瘍による頭痛の特徴: 朝に痛い

  • 睡眠中は横になるので頭に血液が溜まりやすくなります
  • 溜まった血液と脳腫瘍の圧力によって朝の痛みが増してしまうそうです
  • 長期間朝の痛みが続く場合は注意が必要です

脳腫瘍による頭痛の特徴: 日を追うにつれて痛みが増す

  • 脳腫瘍が発育するにつれて頭蓋内の圧力も強くなります
  • 1週間、2週間と日を追うにつれて痛みも強くなるそうです

【出典】

 

2 くも膜下出血

 「くも膜」とは、頭蓋骨の中で柔らかい脳を保護する膜のなかの1つです。

くも膜下出血とは?

  • くも膜の下には動脈が通っており、その動脈にできたコブ(動脈瘤)が破裂し出血する病気を「くも膜下出血」といいます
  • くも膜下出血の恐ろしいところは、なんの前触れもなく起こる場合があることです
  • 命に関わる病気ですが、発症した患者さんの3分の1は治療により社会復帰できるそうです

くも膜下出血の警告頭痛

  • くも膜下出血の前兆として頭痛が起こる事があります
  • 原因は、動脈瘤からの少量の出血や膨らんだ動脈瘤が刺激となることです
  • 大きな出血の前触れを警告するという意味で「警告頭痛」と言われています
  • 警告頭痛は、片頭痛に似た軽い頭痛で大きな出血の数時間~数週間前に見られる場合もあるとの事です

警告頭痛の見分け方

 出典の先生より警告頭痛を見極めるポイントは以下のようなことだそうです。頭痛とともに少しでも意識が低下する場合は、警告頭痛の可能性が極めて高いそうです

  • 吐き気を伴う: 警告頭痛の代表的な特徴ですが、片頭痛の場合も吐き気を伴う事が多いので気づけない事も多いそうです
  • 休んでも良くならない
  • 薬を飲んでも痛みが治らない
  • まぶたが落ちる: 目の近くに動脈瘤ができると出血する前に大きく膨れ上がる事で神経を圧迫し「まぶたが落ちる」などの症状が現れることがあるそうです
  • めまい・ものが二重に見える: 動脈瘤ができる場所によってこれらの症状が出る場合もあるそうです 

くも膜下出血の雷鳴頭痛

 動脈瘤が破裂すると、バットで殴られたような強烈な痛みを感じるそうです。この激しい痛みは「雷鳴頭痛」とも呼ばれています。

雷鳴頭痛の見分け方

 このような痛みを感じた場合は、一刻も早く病院に行ってください。

  • バットで殴られたような激しい痛み

 

 

【出典】

3 髄膜炎

 髄膜炎とは、細菌やウイルスが脳を包んでいる膜に侵入し炎症を起こす病気です。

髄膜炎による頭痛の見分け方

  • 高熱を伴う: 脳を包んでいる膜の炎症によって、高熱を伴う頭痛が起こります
  • 首が硬くなり回しにくい: 頭痛とともに、首が硬くなって回しにくくなったり曲げにくくなったりする症状を伴います

 

 

【出典】

脳ドック

 脳ドックの普及が進んだ結果、くも膜下出血を含む脳血管疾患の死亡率は近年減少傾向にあると言われています。

脳ドックとは、これらの3つの検査で脳のわずかな病変を見つけます

  • 頭部MRI: 脳細胞組織を調べる。数百~数千枚の画像を撮って脳の隅々までチェックし、脳腫瘍や脳梗塞などの病変を見つけだします
  • 頭部MRA:脳の血管を視覚化する。 血管を3Dで映してくも膜下出血などの原因になる動脈瘤を見つけます。一般的に検査をした人の約5%から動脈瘤が見つかるといわれています
  • 頸部MRA: 首の血管を視覚化する。頸部MRAは『脳梗塞』の大きな原因となる、頸動脈の動脈硬化の程度がわかります。頸部には、心臓から脳へ栄養や酸素を送る太い血管(頸動脈)があります。脳検査と頸動脈MRAの検査を併用して行うことで、より確かな診断が可能です。

 

f:id:SakiHana:20210314090300j:plain

宇都宮記念病院 頭頚部MRI・MRA検査より引用

 

脳ドックを受けた方が良い人

  • 40歳以上の方
  • お酒を大量に飲む人
  • タバコを吸う人
  • 血縁で脳卒中になった方がいる人

脳ドックの費用は?

  • 脳ドック自由診療
  • 検査内容により異なりますが、一般的に費用は4~8万円程度といわれています
  • 事前の食事制限はなく、注射を打つ事もないそうです

検査結果

  • 異変がない場合 :何も見つからなかった場合は、次回2~3年後の検査が推奨されています 
  • 5mm以下の動脈瘤があった場合: 出典1 鈴木倫保 先生は、動脈瘤が1つで5mm以下の場合は様子を見てもいいそうです。半年後に再検査を行い、変わりがなければ以後1年毎に検査を行うそうです
  • 5mm以上の動脈瘤があった場合: 治療を行います。動脈瘤の大きさや場所によって大きく2つの治療法があるそうです

脳内動脈瘤の治療法

 

【出典】

3 髄膜炎

 髄膜炎とは、細菌やウイルスが脳を包んでいる膜に侵入し炎症を起こす病気です。

髄膜炎による頭痛の見分け方

  • 高熱を伴う: 脳を包んでいる膜の炎症によって、高熱を伴う頭痛が起こります
  • 首が硬くなり回しにくい: 頭痛とともに、首が硬くなって回しにくくなったり曲げにくくなったりする症状を伴います

 

 

【出典】

まとめ

 ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

 片頭痛などの症状がある人が、日本人の4割もいるというのはびっくりしましたが、以下のような症状のある方は、脳ドックで検査してみてくださいね。 

朝に痛い・日を追うにつれて痛みが増す → 脳腫瘍の可能性

脳内・動脈瘤による警告頭痛の見分け方

  • 吐き気を伴う: 警告頭痛の代表的な特徴ですが、片頭痛の場合も吐き気を伴う事が多いので気づけない事も多いそうです
  • 休んでも良くならない
  • 薬を飲んでも痛みが治らない
  • まぶたが落ちる: 目の近くに動脈瘤ができると出血する前に大きく膨れ上がる事で神経を圧迫し「まぶたが落ちる」などの症状が現れることがあるそうです
  • めまい・ものが二重に見える: 動脈瘤ができる場所によってこれらの症状が出る場合もあるそうです 

バットで殴られたような強烈な痛み → 動脈瘤の破裂による雷鳴頭痛

  動脈瘤が破裂すると、バットで殴られたような強烈な痛みを感じるそうです。この激しい痛みは「雷鳴頭痛」とも呼ばれています。

高熱があり、首が固くなり回しにくい → 髄膜炎による頭痛

 

これらの症状がある場合は、「脳ドック」でMRI/MRAがオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.penlirim.com/