美と健康 beauty & healthy

美と健康に役立つ情報を女性目線でご提供します

【インフルエンザ】コロナ禍で激減?

 

f:id:SakiHana:20210213093552j:plain

  

2020-21年のインフルエンザ感染者数

 新型コロナウイルスの第3波の感染拡大はまだまだ予断を許しません。そんな中で、2021.01.22時点の情報では、インフルエンザ感染者数は、累計でたったの793人で、例年の0.12%と極端に減っていました。*5

 

f:id:SakiHana:20210213084247p:plain

厚生労働省まとめ 2021.01.20

 

 2020-21年のインフルエンザ感染者数が少ないのは、なぜでしょう。

理由1 新型コロナ対策がインフルエンザ予防になっている

  • コロナ感染予防の行動様式が国民一人ひとりに浸透したこと
  • 密集・密閉・密接を避け、ソーシャルディスタンスを保つ
  • 飲食店やショッピングモールなどで入店と同時に手指消毒や検温
  • 手洗いやマスク着用の効果
  • 海外との人的交流が、激減した

理由2 インフルエンザ・ワクチン接種数

  • 早い時期のワクチン接種
  • インフルエンザのワクチン接種状況は10月時点で13万2200人と、2019年10月の4万4661人に比べて3倍程度と大幅に増加している

理由3 でも安心はまだ?

  • インフルエンザの検査数が減った  *8
  • 綿棒を鼻の穴に突っ込むため、咳やくしゃみの感染リスクがあるため、自主的にインフルエンザの検査を中止している医療機関もある *8

【出典】

 

 

まとめ

   ここまで読んでいただいてありがとうございます。

 

インフルエンザの感染者数が、例年の0.2%に激減

  • 新型コロナ対策がインフルエンザ予防になっている: 3密防止とソーシャルディスタンス、飲食店などで入店と同時に手指消毒や検温、手洗いやマスク着用
  • 海外との人的交流が激減
  • インフルエンザワクチン接種を早い時期に始めた
  • インフルエンザワクチン接種状況は10月時点で13万2200人と、2019年10月の4万4661人に比べて3倍程度と大幅に増加している
  • 注: ただし「インフルエンザ検査数が減っている」こともあり、今年の冬はまだ終わっていませんので、安心はできません

ご参考: 新型コロナとインフルエンザの違い?

  • 新型コロナの方が、重症化・致死率が高い
  • 医療崩壊のリスクが高い:新型コロナの方が、ICUなど病院の設備が必要
  • そのため、重症者を出さないため、みなさんの自粛が必要

 詳しくは下のブログをご覧ください

【出典】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.penlirim.com/